フォントを混ぜる手法が登場したことにびっくりした!

雑誌:一個人より。大好きな雑誌です。

明朝とゴシックは混ぜるな!と思いこんでた

ども。大阪のミナミにある相談できるデザイン屋Web制作のTocotonの良です。
デザインの学校に行ったわけではないけども、仕事の中ではや18年ほどデザインに携わってきました。
WebでもDTP(紙のデザイン)でもお作法があるんです。
私の勝手な思い込みですが、WebよりもDTPのほうがルールが多いと思います。
・・・なんとなくね、なんとなく。
でも、最近違うことを知ったんです。この前「一個人」という雑誌を読んでいたら
飛び込んできたのが掲載している写真の見出し。
一瞬なにかの違和感。ゴシック体と明朝体が混ざってるやん!と気づくのに3秒。
もちろん違和感を感じたので、一瞬は変やぞと思いましたが読むに耐えないほどでもなかったです。
思い込んで、ルールと思ってやっていたけども別に混ぜてもいいものだと思いました。

文体を混ぜるやり方、フォントを混ぜるやり方は元からある

調べていくと、絶対的なルールというものがあるわけではなく手法としても文体を混ぜたりフォントを混ぜるのは昔からあるようです。ただ、大半は統一感をもたせてデザインするのが”当たり前”と言われているのでやる人が少なかったということのよう。
いつの時代もマジョリティ・マイノリティはあるものです。
ただ、フォントを混ぜるやり方は見出しだけは明朝、段落の中の文章はゴシックというように部分で使い分けるデザインはあったようですが、今回の「一個人」さんがやっているように同じ見出しの中でゴシックと明朝を混ぜるやり方はやっぱり珍しい。だから印象的やしおもしろいなと思ったのです。

混ぜたことによる効果は、いかに

私個人の意見ですが、混ぜることでブロック体の部分(特に漢字)が目立つのでその単語だけが浮いて見える。そうするとその単語だけ頭にイメージとして残りやすいので印象を残すのにはいいかもしれないですね。パートナーは「このやり方はとても読みにくく、目が痛くなるので好きではない」とはっきりと言っていたのが人それぞれだと思います。たしかにやり過ぎると脅迫状のようなことになるかも。
印象的という意味では共通していますが。

ルールに囚われず制作していく中で注意したいポイント

デザインをする上で大切なのは何のために作るデザインなのか、
目的ななにか、見る人はだいたい誰なのかを考えることが重要
です。
そんなことは分かっている!と思うんですが、これが難しいんですよ。
実際、自分が年齢40代になってからというもの、今まで以上に文字の大きさや色のコントラストを意識するようになりました。なぜか?見えにくいからです。
おしゃれに見えるだけじゃ、とてもしんどいデザインの多いことに自分が「マイノリティ」の立場になった時にわかることも多いです。むしろそうなった時こそチャンス!
じゃあ、どうやったら文字も大きくて、コントラストもある程度ついているけどもおしゃれに見えるデザインになるのか。デザインって何かを意識していけるから楽しいですよね。
デザインは見栄えだけのことではなく、情報を伝え、使う人見る人に快適さをもたらすためのもの。
デザイン屋Tocotonはそう考えています。
同じ文章の中でフォントを混ぜることが効果的でかつ、必要であればぜひやっていきたいですね。

Don’t mix Mincho and Gothic! I thought

Hey there, I’m Tocoton, a design shop in Minami, Osaka.
Although I didn’t go to design school, I have been working in design for 18 years, and there are certain rules for both web and DTP (paper design). It is my own assumption, but I think there are more rules in DTP than in Web. I think there are more rules in DTP than in Web. But I recently learned something different. The other day, I was reading a magazine called “Ipponjin,” and the headline of a photo that appeared in the magazine jumped out at me. For a moment, I felt something strange. It took me three seconds to realize that it was a mixture of Gothic and Mincho typefaces. It took me three seconds to notice. Of course I felt something strange, so I thought it was strange for a moment, but not so strange that I couldn’t bear to read it. I assumed and thought it was a rule, but then I realized that it was okay to mix them up.

The way you mix styles, the way you mix fonts, is original.

I found out that there is no absolute rule, but rather a method of mixing styles and fonts that has been around for a long time. However, it is said that it is “natural” for most people to design with a sense of unity, which is why there were few people who did it. There are always majorities and minorities. However, there were some designs that mixed fonts by using Mincho for headlines and Gothic for sentences in paragraphs, but it is unusual to mix Gothic and Mincho in the same headline, as “Ippanjin(mazagine title)” did this time. That is why I thought it was impressive and interesting.

The effect of mixing the two, in my opinion, is that the block type (especially Kanji) stands out and the word itself seems to stand out. That makes it easier for that word to remain as an image in my head, so it might be good for leaving an impression. My partner clearly said that he doesn’t like this approach because it is very hard to read and hurts the eyes, but I think it depends on each person. Yes, if you overdo it, it could be like a threatening letter. In terms of being impressive, though, we have that in common.
Points to keep in mind while creating without being bound by rules.

When designing, it is important to consider what the design is for, what the purpose is, and who the viewers are. I know that! I think, “I know that,” but it is very difficult. In fact, since I turned 40, I have become more conscious of font size and color contrast than ever before. Why? Because it is hard to see. I often find when I am in the “minority” in many designs that it is very hard to just look stylish. Rather, when that happens, it’s an opportunity! So, how do you make a design that has large letters and some contrast, but still looks fashionable? Design is fun because you can go about it with something in mind. Design is not just about looking good; it is about conveying information and bringing comfort to the user and viewer. That is how we at design shop Tocoton see it. If mixing fonts in the same text is effective and necessary, we would love to do it.